© 2018 NIC Co.,Ltd.

Why Pépin?

 

赤ちゃんの幹細胞(ヒト脂肪順化培養液)からできた日本製の原液100%美容液です。ヒトの幹細胞を培養液で培養すると、エイジングケアに必要な成分(成長因子)が培養液に溶け出します。ペパンは肌を若々しくしてくれる成長因子がたっぷりと含まれた培養液を原料とした化粧品です。私たちは成長過程の細胞が最適と考え、細胞採取被験者は厳正なる審査・検査の結果から、日本人赤ちゃんの細胞を摂取し培養しています。 ※この商品には細胞自体は入っていません。

 

また、ペパンには皮膚幹細胞活性化作用が高い黄色ローズ花発酵エキスを配合。通常バラの有効成分は利用に限りがあり、その効果は最大限でないと言われています。黄色ローズ花発酵エキスは皮膚に対する働きが優れ、ヒト皮膚表皮細胞の幹細胞、ケラチン量、セラミド量、ヒアルロン酸量を増加させ、遺伝子修復作用、遺伝子防御作用もEGF(細胞再生因子)より優れています。またヒト皮膚メラニン細胞の増殖抑制作用、ヒト皮膚メラニン細胞の量を減少させるその働きはアルブチンよりも優れています。

世界初

​化粧品原料

医学博士 、トキシコロジスト 

でもある二村 芳弘氏が開発した 世界初特許取得の化粧品原料。

ヒト脂肪細胞

順化培養液エキス

​皮膚の幹細胞に存在するStem Cell Factorを活性化し幹細胞を増殖させる。

ヒト線維芽細胞

順化培養液

皮膚の線維芽細胞に働きコラーゲン、エラスチン、フィブロネクチンなどのECMを強化。ハリや弾力に欠かせない。

黄色ローズ花

発酵エキス

​天然の防腐作用で幹細胞の安定に維持する。皮膚に対する働きがすぐれ、非常に高い幹細胞、線維芽細胞活性化作用がある。